blog開設にあたってー『生き抜く力』を身につけよう!!

私がまだ学生だった頃、大企業に就職すれば幸せになれると言われていた
時代がありました。

あれから15年以上が過ぎ、世の中の先行きが不透明な中で、益々個人の力
が問われるようになりました。

私自身、新卒で上場企業に就職して、その後教育分野での仕事がしたいと
名もない中小企業に転職し、チェーンの学習塾の運営を経験し、そしてこの
4月に独立して塾を立ち上げることになり、これまでの経歴や肩書に頼ること
なく、自分の力で生きていくことの大切さを痛感しています。

ただ、今時の若い人と接していると、こういう不況の時代のせいか、これまで
以上に「大企業に勤めたい」「公務員になりたい」という人が多いことに驚か
されます。

ビジネスの世界に身を置く人たちは、自分の会社がダメになっても生き残っ
ていけるように、自分の能力を上げようと必死になっているのに、いまだに
大企業に入ったり、公務員になれば安心だと思っている人がとても多いんだ
なぁと、ビジネスの世界とのギャップに違和感を感じてしまいます。


そして、おなじようなことが教育現場にも当てはまるなぁと感じています。

学校の教育制度は、これだけ世の中が激変しているのにもかかわらず、この
100年ほどほとんど変わらないし、学校の勉強を補完する位置づけの学習塾
も、いまだに偏差値ありきの発想が中心です。

こんなことで、本当にこの先さらに不透明な世の中を生き抜かなければいけ
ない子供たちがやっていけるのか、と不安になります。

このブログでは、私のこれまでの経験や、学んできたことから、自分の力で
生き抜くためのヒントを紹介していきたいと思います。