「夢を引き出すドリームツリー」を開催しました!

9月3日(土)に近所の学習館にて、「夢を引き出すドリームツリー」を開催しました。

25名ほどの親子に参加していただき、親子それぞれが自分の夢を考えました。

子ども達は、とても楽しそうに自分の夢を書いてくれていました。 はじめは自分の夢を全く書けなかった子も、質問を投げかけたり、自分で考 えたり書いている うちにやりたいことが出てきて、最後には全員が書き終えて 自分の夢を堂々と発表してくれて いました。

改めて、夢を持つことの大切さに気がつくとともに、子ども達の感想を読んで私自身とっても 元気をもらいました。

ドリームツリーとは・・・ http://www.dreamtree.jp/

体験したこと(過去)、すきなもの・こと(現在)、 得意なことや長所(現在)、 なりたいもの(夢、仕事)、 夢や仕事が周りに与える影響などを書き出すことで、 ココロをカタチにし 夢をハッケンする共育ツールです。

ドリームツリー開催風景1 ドリームツリー開催風景2 ドリームツリー開催風景3

≪子ども達の感想(抜粋)≫

今日ドリームツリーをやってみて、しょうらいのゆめのために何をすればいいかよくわかりました。 そのゆめをげんじつにするために、がんばりたいなぁと思いました。 とってもたのしく、しょうらいのゆめについて考えられて、とってもうれしく、たのしかったです。(小4女)

わたしは、自分の夢を深く考えたことがあまりありませんでした。だけど、今日ドリームツリーを作ったら夢を深く考えられました。 今日、深く考えたら、ほんとうの自分の夢がわかりました。 ほんとうの夢がわかったので、その夢にむけて、その夢を現実にするためにがんばります。(小5女)

ぼくは今日のイベントはすごく楽しかったです。自由に書いていいから、やればやるほど楽しくなります。 自分のいろんなことを知り、それから他人のことも知ることができてよかった。(小4男)

ドリームツリーをやって、自分の将来の夢が増えました。ドリームツリーをやる前は、3つしかありませんでした。 ドリームツリーをやった後は、2つ夢が増えました。1つ目は、南極観測隊の人で、2つ目はユニセフの人です。 なぜこの2つが増えたのかというと、南極観測隊の人になれば、新しい発見ができたりして、人を喜ばせてあげられると思ったからです。 ユニセフの人になれば、人を元気にしてあげられて、多くの人を助けることができると思ったからです。 ドリームツリーをやって、夢が増えたし、楽しかったので、やってよかったと思いました。(中1女)