いよいよ都立高校推薦入試!万全な面接対策を!

うちの塾では、受験教科の指導だけでなく、推薦試験に向けての面接 や作文対策も行っています。  

面接という場面は、ほとんどの中学生にとっては人生初の経験。 すごく緊張することでしょう。 でも、緊張するのは誰でも一緒。 むしろ、緊張して当然だと。  

その上で、緊張とうまく付き合うことができるかどうかは技術の問題 なので、本番で一番自分の力を発揮できるように、準備をすれば大丈夫 という話をします。  

そして、プロのスポーツ選手などもやっているイメージトレーニング のやり方を教えています。  

その一部をご紹介すると、  

1.足を地面につける…「地に足がつく」という言葉があります。 人は地面にしっかりと足がついていると、自分の力を出すことができます。  

2.丹田を意識する…「あいつは肚が座っている」といいます。 丹田(へそ下5㎝程下)を意識すると気持ちが落ち着きます。  

3.深呼吸をする…軽く息を吐いてから、鼻からゆっくり深い息を吸い 込み、 ゆっくり吐き出す。吸う時には、お腹の奥まで大地のエネルギー を吸い込み、 風船のようにお腹を膨らませるイメージで。吐きだす時 には、自分の不安や 恐れなどマイナスなものをすべて吐き出すイメージ でやると良い。  

4.イメージする…これまで、最高にうまくいった体験や本番で最高の 自分 を出せている自分をイメージする。  

5.いい言葉を使う…「私はできる!」「大丈夫!」とプラスの言葉を使う。  

この5つ。それぞれの頭文字をとって「あたしいい!」と覚えましょう!(笑)

これをやるだけで、身体にエネルギーが満ちてきて、すごく落ち着いて本番 に 臨めるはずです。  

去年は、合格基準に内申が3ポイントも足りなかったのに、これをやって合格 した生徒がいます! ぜひ、試してみて下さい!